生きる喜びを感じるとき

IT企業でエンジニアとして働くことを希望している方の中では、土日休みを第一条件として考慮している場合が多々あるでしょう。
ウィークデーでしっかり働いて土日には仕事で頑張ったご褒美として有意義な時間を過ごそうとする方の姿が目に浮かんでくるようです。土日休みがあることで、仕事のON、OFFの切り替えをしていこうとするサイクルが容易に実現されるのであり、土日にて幸せな時間を過ごす中で、月曜日から始まる仕事に向けてのエネルギーの充電をすることになるわけです。

ある人では、仕事で得た収入の一部を使って土日休みで満喫することを生きがいとしても不思議なことではないのであり、仕事と遊びの両立こそが人としての生きる喜びを実感できると言っても過言ではないと思うのです。人は幸せを手にするために生きていると言ってもあながち大げさなことではないのであり、土日休みこそが幸せを生み出す素として捉えていく考えがある限り、普段の仕事にやりがいを見いだしていくことができるのではないでしょうか。

いつもの土日休みに月曜も祝日で休みの場合が往々にしてあるでしょう。その背景として挙げられるのは、政治家が国民に長い連休を楽しめるようにという計らいがあるからではないでしょうか。国民が連休だからということで旅行してみようという意識喚起を促していることが考えられるのです。ITの仕事で日頃から新たな情報化社会の構築に一役買っている方においても、月曜までの三連休によっていつもと違う休日の過ごし方を模索していこうという気持ちになることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*